浮気を疑ったきっかけ

浮気を疑ったきっかけ

男性側の場合

1.会社の仕事が忙しいので残業が増えたとか、飲み会があるのでとか言って帰宅時間が遅くなってきた。

浮気相手と会う時間を作る為の口実として一番多い理由です。

2.仕事先から帰宅しても色々な理由を付けて、自宅を出る事が多くなった。

浮気相手とメールやラインをする為や浮気相手と会う為に、自宅を出るといった場合などです。

3.以前より出勤時間が早くなった。

出勤前に浮気相手の自宅に行つたり、浮気相手を迎えに行って勤務先に送る為に早く自宅を出ていた場合などです。

4.帰宅時間など今までと違った行動の理由を尋ねると逆に切れる。

浮気をしている事を隠すために、逆に切れてごまかそうとすることもあります。

5.子遣いの増額やカードローンなど利用などお金の出費が増えた。

浮気の場合は相手へのプレゼントや食事代・ホテル代など派手になり出費がかさみます。

6.ブランド品を付けたり身なり小奇麗にしだした。

浮気相手の年齢やタイプによって違いはありますが、相手の女性に気に入られようと努力をします。

7.ウォーキングしたりやトレーニングジムに通いだした。

浮気相手に身体を鍛えて、いいところを見せようとします。

8.奥さんとの性交渉がなくなった。

仕事で疲れているとか、年を取ったので、性欲がわかないなどと理由を挙げるケースが多くあります。

9.今までとは変わって趣味やスポーツを始める。

浮気相手と一緒にする為に始めたり、会う時間を作る為の口実にすることもあります。

10.喜怒哀楽がはげしかったり、話しかけても上の空で、心ここにあらず状態である。

浮気の初期状態の場合によくこういった状態になります、いつも頭の中には浮気相手のことばかり考えている状態です。

11.見覚えのない財布やネクタイを持っている。

浮気相手から誕生日プレゼントなどの場合がありますが、問詰めると自分でネットで買ったとか飲み屋のママにもらつたなどと言い訳する。

12.ゴルフに行くと言って出かけたのに

ゴルフウエア―が汚れてない、いつもだったら、帰宅してスコア―や同じメンバーの会話の内容などを話すのにゴルフの事はまったく話さない。

13.急に出張だと言いだす。

やはり嘘は言いにくいもので、嘘をつく場合は直前に予定などを妻に言うケースが多くあります。浮気の場合は土日に出張を入れる場合がよくあります。

14.芸能人や身近な人が浮気をしている話題をすると、その会話から違う会話に替える。

浮気の事に関する会話の中で、奥さんに何か疑問をもたれたら、浮気がばれたらいけないと思うから、ぼろが出ないうちに話をやめようとします。

15.最近性交渉が少なくなった、又は性交渉が変わった。

浮気をしていると奥さんとは、性交渉が少なくなったり、無くなったり何かと性交渉に変化が現れます。

16.仕事の帰宅時間がそんなに遅いわけでもなく、休みの日も数時間の空白の時がある。

常習的に風俗店に通っている場合や浮気相手との付き合いが長く、いまの状態を文句もなく続けたいと思っている場合です。

女性側の場合

1.若々しく綺麗になった

浮気をし始めると女性は、体型に気を使い、化粧が変わり若々しくなり色気づいてきます

2.高価なセットアップのブラジャー・パンツを身に着けるようになった。

浮気を意識した女性に多いパターンです。

3.最近友人と食事と言っては出かける事が多くなった。

浮気相手が出来ると浮気相手と会う時間を作る為に友人との食事とか仕事先の懇親会とかと言う理由を持ち出します。

4.夫に対して反抗的になってきた。

浮気相手にのめり込んでくると、夫に対して反抗的になり一寸したことでもすぐに喧嘩をするようになります。

5.夫婦の性交渉を拒否する。

浮気相手ができ肉体関係をもちだすと、夫との性交渉は拒みだすと言ったケースはよくあります。

携帯電話・メール・ライン

今では浮気相手と連絡する手段として無くてはならないのが、携帯電話であります。
皮肉なことに相談内容でも、最近は夫(妻)の浮気に気付く要因となったのは、第一位は携帯電話やメールやラインの内容を見たことから疑いだしたということです。

1.最近携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになった。

今までは携帯電話をどこいでも置きどこに置いていたかも忘れていた状態でしたが、最近ではトイレや風呂に入る時まで、持っていくようになった。

2.携帯電話を触ろうとすると異常に怒る。

浮気相手との秘密が隠されている為見られる事にかなり敏感になります

3.携帯電話に常にロックをかけており、自宅ではいつも着信音を消している。

浮気をしていると自宅で携帯電話やメールが鳴ると夫(妻)に誰からと聞かれるのを避ける為に自宅では、電源まで切ったり、自宅には持ち帰らず車の中に置いたりすることもあります。

お問合せバナーお問合せフォームバナー