不倫を解決するには、不倫の真実を明確にすること

不倫を解決するには、不倫の真実を明確にすること

すっかり春です。

いろいろあっても、春は必ずやって来ます。

桜も必ず咲きます。

だから、めげないで、諦めないで、自分を信じて、

その「不倫問題」、乗り切っていきましょう。

「いくら何でも、不倫がバレたらやめるでしょう」と

ちょっと夫を甘く見ていたかも知れません。

だから、「私は知ってます。不倫してるでしょ」と一言いえば、

終わるものだと思っていたという、妻もいました。

もちろん、その一言で自粛する不倫夫もいないわけではありません。

でも、少ないです。本当に。

「あなた不倫してるでしょ」の一言に逆ギレする不倫夫の方が多いのです。

そして、今までに見たことのないような形相で、今までに聞いたことのないような

暴言を吐かれてしまうことが多いのです。

どうしてこんな仕打ちを受けないといけないのか

どうしてこんなに傷つけられないといけないのか

…妻にしたら「どうして」「どうして」をいくら叫んでも足りないくらいの屈辱です。

他の女に夢中になっている夫に「どうして」を投げかけても

ちゃんとした返事なんて返ってきません。

とにかく、自分を守り、相手の女を守ることに必死ですから。

相手の女を守るのは、妻より大事な存在というわけではありません。

(一時的にそう思っていますが)

ただ、自分の刺激を満足させてくれる存在を失いたくないだけなのです。

いくら扱き下ろされても

いくら怒鳴られても

決して自分を卑下しないでください。

夫が暴言を吐くのは、「妻が離婚なんてしない」という

あやふやな確信の上に立ってのことです。

子供もいる。

新居も建てた。

不倫さえバレなければ夫婦はうまく行ってた。

だから、不倫くらいで「離婚」するはずがない。

夫はそう読んでいます。

もちろん、妻も「離婚したくない」が本音です。

二人で暴言を吐きあって、傷つけあっても

「不倫問題」の解決の糸口はありません。

とりあえず、「真実」を知ることが大事です。

妻が、いくら「私は知っている」と言っても、それが「真実」でなければ

夫は図にのるばかり。

不倫問題の解決には「真実」を知って

その上でどう対処して行くか。

それを、冷静に考えて、「行動」することです。

狐と狸の化かし合い…。

そんな日々を積み重ねていては

桜は咲いても「心に春」はやってきません。

いつまでも堂々巡りの状態を続けていられるほど

人生は長くないかも知れません。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)

お問合せバナーお問合せフォームバナー