【想像以上に増えているW不倫】素敵な未来なんてあるわけない

【想像以上に増えているW不倫】素敵な未来なんてあるわけない

想像以上に増えているW不倫。
かつての不倫は、既婚男性と独身女性との二人が殆どでしたけど。
そうそう、既婚女性と独身男性との不倫も増えていますね。

今日は、W不倫のお話です。

お互いに既婚者なので割り切った関係。
家庭は壊す気はなく、慎重に、うまくやれるはずでした。
でも、これまでにも何度も書いたと思いますが
「不倫」は、いつかは必ずバレます。
それが「不倫」です。

また、互いに割り切った関係、
家庭は壊さない約束で始めた関係だったはずなのに
いつからか、どちらかの感情にセーブが効かなくなることもあります。

まあ、どちらにしても「不倫」にトラブルはつきものです。

こんなケースもよくあります。
互いに盛り上がってしまって、互いに「離婚」して一緒になろうと約束。
で、よういドン!ゴールは「離婚』!

さて、同時に離婚が成立して、めでたく再建へ…と行きたいところですが
そうは問屋がおろしません。
行くはずがありません。
たとえば、女性の方がめでたく(めでたいはずはないのですが)離婚成立。
後は、相手の男性の離婚を待つばかり。

ところがです。
男性も、最初は「離婚」に向けて気持ちを高ぶらせていたものの
女性が「ヒトのもの」でなくなった途端に
なんか、自分でもよくわからないままに感情に変化が…。
目が覚めはじめたというか、冷静になってきたのです。

はっきり言って
二人の関係は「不倫」だったから成り立っていた関係だったのです。
どちらかがフリーになって
「待ってるから」という状態になったとき
ハット気づくんです。
「離婚したくない」「離婚なんてとんでもない」と。

相手を信じて先に離婚した女性にしたら
大きな裏切りです。
でも、言って行くところはありません。
自分の愚かさを責めるしかありません。
相手の男性に離婚を迫っても、罪なことです。
自分だけ不幸になるなんて許せない、そう思うかもしれませんが
仕方のないことです。
所詮、「不倫」の関係だったのですから。
「不倫」だから続いていただけなのですから。

「離婚損」という言葉があるかないかはわかりませんが
まさに、その通りです。

大きな勘違いで、大切な一つの家庭を壊してしまったという罪の意識は
きっと男性の心にも残るはず。

どちらにしても
「不倫」のその先に
素敵な未来なんて見えませんから。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)

お問合せバナーお問合せフォームバナー