「もう愛されてない」なんて思わないでください。その女、たかが、不倫相手ですから

「もう愛されてない」なんて思わないでください。その女、たかが、不倫相手ですから

夫の浮気が発覚したそのとき
妻は自分のプライドがズタズタに傷ついてしまいます。
さらに夫から浴びせられる
「もうお前とは無理」「もう愛してない」「お前よりも好きな女ができた」などなど
そんな暴言が矢の如く(いや、キリのごとく)胸に刺さるのです。

まずは、一呼吸おいてください。
夫は今、血迷っています。
「不倫」という病に冒されている。
あなたを嫌いになっているわけではありません。

不倫なんて、「好き」とか「愛」とかの枠外ではじまっているケースが殆どですから。

あなたが夫と出会い、互いを知るためにデートをし、会話を重ねてきた物語りは
そこにはないと思ってください。
だから、妻として、女性としての自信を失わないでください。

「好きでも、愛でもないのに不倫になってしまうの?」
と妻のあなたはいうかもしれません。

答えは「Yes」です。

「刺激が欲しかった」。
これが本音です。
男って「好き」じゃなくてもそういう関係が持てる生き物ですから。
(まあ、最近は男だけじゃないかもしれません)

不倫関係の場合、
初めて二人で会ってその日にベッドイン、が多いのもその証ですから。

「でも、夫が離婚しようって言い始めました。これは、相手を私より好き、愛してるということですよね」

こんな妻の不安に対しても
私ははっきりと言います。

不倫女を愛しているから、「離婚」を口走っている訳ではありません。
なぜなら、妻が騒ぐことによって「不倫女」を失いたくないだけです。

「お前に生活の不自由はさせない。だから、しばらく目をつむっていてくれ。俺の楽しみを奪わないでくれ。それができないなら離婚する」

一種の「脅し」です。「逃げ」です。「離婚」は本心ではありません。

だからと言って、目をつむっていては危険です。
とにかく、不倫は終わらせていただきましょう。

「離婚」をするかしないかは夫に権限はありません。
だから「離婚、離婚」と騒がれたら
「それを決めるのは私です!」とハッキリと言ってやりましょう。
大丈夫です。その通りなのですから。

あなたが好きじゃないから、浮気してるわけではありません。
あなたの存在があるから、浮気できているのです。
妻である自分に自信を持っていてください。
不安に押しつぶされないでください。
今のあなたの夫には離婚する覚悟も勇気もありませんから。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)

お問合せバナーお問合せフォームバナー