「家庭も大事、女も大事」な不倫夫を放置すればするほどリスク

「家庭も大事、女も大事」な不倫夫を放置すればするほどリスク

ある人が言いました。
「人間はね、本当のことを言われると怒るのよ」って。

妻が夫の不倫を問い質したら
烈火のごとく夫が怒りはじめ暴言を山のように吐いた。
そんな話、よく聞きますよね。

きっと妻の言ったことが図星だったのでしょう。
不倫は事実だったのだと思います。
まあ、のらりくらりと煙に巻くタイプの不倫夫もいますけど。

そんな夫の態度。
いわばその時点では「家庭を壊す」つもりがない証かもしれません。
でも、妻にしてみれば
「女のところに行ってしまうんじゃないか」と不安でいっぱい。
だから、あれこれと手段を変えて
「不倫」を認めさせようとする妻。

いや、認めた上で「謝罪」し「終止符」を打たせたいのが妻の本音でしょう。
しかし、そう簡単にいかないのが男と女。

夫の本音は
「家庭を壊すつもりはないんだから、少し静かにしていてくれ」。

家庭を壊すつもりはない。
つまり妻も必要、子供も大事。
そして今の俺には女も必要。

それが浮気夫の理想の日々なわけです。

たぶん「そんなに俺のことが信じられないのなら、離婚だ」とかも言うでしょう。
言ったでしょう。
本当は「離婚」なんて考えていませんから。そんな勇気はありません。
覚悟もしていません。
でも、女と別れたくない。
ただそれだけで「離婚」の2文字で妻を黙らせようとしているだけです。

それに怯んでしまって「ダンマリ」を決め込んでしまうと
私的には少々危険だと思います。

「いずれ終わるでしょう。改心するでしょう。今、騒ぎすぎると本当に離婚されるかもしれませんから」と妻は思うのです。

確かにこの時点では「離婚」は脅しです。
家庭を壊すつもりはありません。
だからといって放置はオススメしません。

人間の心は変わります。
相手のいることです。
「離婚なんてできない、覚悟もない夫」から
本気で離婚を考える夫になってしまう危険はあります。
放置すればするほどリスクは高くなります。

「家庭を壊すつもりはない」不倫夫。
この時点で「不倫を終わらせること」は大事だと思います。
鉄は熱いうちに打て!
ちょっと違うかもしれませんが、
早期解決は重要です。

待っていて終わる確証はないのですから。
もちろん、終わらせる権利は妻であるあなたが持っています。
それなら「離婚」と夫が叫ぼうが、暴れようが
あちらに「離婚」を選択する権利はありませんから。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)

お問合せバナーお問合せフォームバナー