浮気夫を夫と思わず開き直って(完全に諦めて)生きて行くことができますか?

浮気夫を夫と思わず開き直って(完全に諦めて)生きて行くことができますか?

「浮気もやめない、離婚もしない」
そんなバカな、そんな都合のいい話…ありえませんよね。
でも、多いんですよ。

休日になると行き先も告げないで家を出る。
どう考えても「浮気」以外考えられない。
妻の問い詰めに対して
当然のように「浮気なんかしてない」の一点張り。

「じゃあ、どこに行ってるの?」
「そんなのは俺の勝手」と。

「誰のお陰で生活できてると思ってるんだ」などと時代錯誤なことも言い始める始末。

つまり、「お前たちをちゃんと養ってやっている。不自由はさせていない。そんな俺が自由にして何が悪い」ということです。

ひどいケースは、離婚はしないけど別居する。
別居先はといえば、不倫相手の女のところ。
(もちろん、本人は女といるなんて決して認めません)
なぜ、別居?
それは、妻のせいにして話を煙に巻いてしまいます。

それでいて、適当に家に戻ってきて子供と遊んだりします。
もちろん、「俺の家に俺が帰ってきてなぜ悪い」みたいに。

いくら子供のためにと思っても、我慢にも限界があります。
かなり我慢しました。
もう少し待ってみよう。
もう少し話し合ってみようと。
しかし、「離婚はしない。それでいて、自由でいたい」という夫の態度に変化はありませんでした。

こんな夫に関しては
自ら「離婚」を言い出すことは多分ないでしょう。

だから、妻としては
夫を夫と思わず開き直って(完全に諦めて)生きて行くか。
もしくは、妻からの「離婚」の選択です。

正直、こんな夫と夫婦を続けて行く限り「心の平静」は得られないでしょう。
いくら割り切ったと言っても、やはり生身の人間です。
浮気している夫に心穏やかになれるはずはありません。

決して「離婚」を進めるつもりはありませんが
ただ、それも一つの「選択」だと思います。

こんな苦しみから逃れるためだったらどんなこともできる、心の底からそう思ったときに
新しい人生を始めることができるかもしれません。
女性にとって「離婚」は大きなリスクを背負います。
それでも、この夫だったら
やっぱり「離婚」したほうが幸せかな、と思ってしまうケースがあるのは事実です。

何が幸せかは自分で決めるしかありません。
もちろん、その先に「ダメ夫」が改心しないとも限りません。

ただ言えることは、どれだけ時間がかかろうと、苦しかろうと自分で決めることです。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)

お問合せバナーお問合せフォームバナー