ママたちの不倫、最大のリスクとは

ママたちの不倫、最大のリスクとは

「学校をやめるか黒染めしてくるか選びなさい」。
生まれつき茶色っぽい髪の女子生徒に教師はそう迫り、
女子生徒は我慢して黒染めをしてみたものの染髪剤のせいで頭皮に痒みや痛みが出た。
抗議する母親に教師はただ「ルールだから」と繰り返すだけだった。

こんな新聞記事を最近目にしました。
規律や画一性を重視し、出る杭を伸ばすよりも一定の枠内に当てはめようとする日本の教育を揶揄したものです。

記事によると
実際に大阪の府立高校で起こった黒染めの強要だとか。

こんな馬鹿げた教育指導に賛同するつもりは微塵もありませんが
「私だけじゃない」っていうのは
どこか安心したりするのが人間ですね。
良しにつけ悪しきにつけ。

随分昔、
不倫カップル3組が皆で旅行する計画を経てている席に居合わせたことがあります。
既婚者男性と独身女性のカップルでした。

「同じ傷の舐め合い」のようで
私的には、酷い嫌悪感を覚えたのを記憶しています。
せめて誰にもわからないように
秘密裏に行動して欲しい、とその時に感じた嫌悪感は
今でも生々しく思い出してしまいます。

そして不倫ブームとも言われる現代。
今や不倫は特別ものでは無くなってきつつあるようです。

特に妻たち(ママたち)の間では
不倫仲間のような関係ができていたりします。
お互いに子供を預かってあげたり…協力するとか。
お茶とケーキで不倫事情をテーマの井戸端会議も。

「赤信号皆で渡れば怖くない」状態ですね。

家庭を壊すつもりもなく
軽い気持ちで不倫を楽しんでいるわけです。
でも、そんなにうまくいかないのが
男と女です。

いつの間にか本気になってしまって家庭を省みなくなったり
当然、夫から怪しまれバレてしまったり。

その先にあるのは不倫トラブル!!

さらにその先にあるのは離婚による経済的困窮や
子供との別れ…。

何も良いことはありません。

不倫相手との甘い時間さえも
掻き消してしまいたい自分の人生の汚点になってしまうかも知れません。

そして最も怖いのは
社会的地位を落とすことです。

不倫がバレ、噂になって
不倫仲間以外のコミュニティや職場で排除され兼ねません。

女性の不倫が増えているとはいえ
まだまだ不倫を許さない女性の方が多いのですから。
彼女たちは同姓の不倫や浮気には厳しい目を向けます。

不倫が噂になり本人はもちろん子供にまで白い目で見られ
イジメに繋がったすることもあります。
妻たちの気の緩みが
大切な子供の未来にも陰を落とします。

自分の人生、大切な家族のことを、考えると不倫はタブーです。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)

お問合せバナーお問合せフォームバナー