離婚後の生活不安を解消して幸せになるために 「地獄の沙汰も金しだい」

離婚後の生活不安を解消して幸せになるために 「地獄の沙汰も金しだい」

花の季節に
こんな言葉は吐きたくはないのですが…。
3月、4月は別れと出会いの季節。
はたまた、お金のかかる季節出もあります。
子供の卒業、入学、転勤の引っ越しなどなど。
お札に羽根が生えて飛んでいきますよね。

さて、今日も変わらず不倫のお話。

パートナーの不倫の発覚によってやむを得ず「離婚」を選択される方もいらっしゃいます。
できれば修復をと願っても儘ならないことはあります。
相手のいることですから。

相談者の方が離婚を選択したときは
私たちは全力でその離婚が相談者にとって優位に動くようサポートします。

大事なことは
まず経済的なこと。
特に夫に不倫をされた妻が離婚する場合に
その先の生活設計が大事です。

勢いで離婚してしまったものの
経済的に困窮してしまう女性が少なくありません。
なかには夫にうまく言い逃れをされて慰謝料を貰い損ねていたり
また、財産分与の権利を知らなかった妻もいます。

特に子供を引き取って離婚する場合は
子供のためにも
離婚で得られるお金はきちんと受け取りたいものです。

また離婚後の生活設計を立てるときに
慰謝料や財産分与があるから何とかなる…といった考えは安易過ぎます。
よほどの資産家の分与が受けられない限り
慰謝料や財産分与を切り崩しての生活は思った以上に早期に破綻します。

専業主婦だった妻の中には
財産は夫の働いたお金だから財産分与してもらえるとは知らなかった、という
人もいました。

話しを戻しますが
慰謝料や財産分与をあてにした生活ではなく
あくまで毎月の収支で赤字になるかならないかを判断することが大事です。

そこに目をつむって離婚を進めるのは厳しいものがあります。
特に子供には大きくなればなるほどまとまったお金が必要になるのですから。

当社には医者を夫に持つ妻の不倫相談が多々あります。
結論として「離婚」には反対します。
たとえ通常よりも多額の慰謝料を得たとしても
今よりも安定した経済状態が得られるとは思えないからです。

私たちは確固たる証拠を押さえた上で
その証拠をお守りとして保管することを勧めます。
そして、もしどうしても離婚となったときに有利に進める証拠として提出すればいいわけですから。
したたか、と思われるかも知れませんが、生きるためには大事なことです。

離婚したことによって得られるメリットも、
もちろんあります。

「相手の不倫に悩まされる日々から解放されて自分らしさが取り戻せる」
「相手の不倫で日々喧嘩が絶えず板挟みなっていた子供たちが明るくなった」

などなど、離婚によるメリットも否定できません。
こうした離婚してよかった、と言える穏やかで明るい日々を維持するためにも
経済的安定は必須です。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)