探偵事務所の選び方

探偵事務所の選び方

はじめての探偵社選びで気を付けたい事

動画でもご覧いただけます。

信頼できる友人や知人・弁護士の紹介

ホームページなどに探偵会社・興信所の所在地がはっきりと記入され
ているか。

浮気調査内容の料金・期間・方法が明確に示されている。

直接探偵事務所を訪問して相談員の人間性など信頼できるか雰囲気を確認する。

実績ある探偵事務所かどうかを調べてみる

探偵業法の届け出書を事務所内に掲示しているか確認する。

相談内容をあまり聞かずに、すぐに浮気調査料金を言って契約を促さない。

依頼者から調査料金だけをもらって、真面目に調査する気がないという探偵社の可能性があります。
依頼者の話をしっかり聞いたうえで、浮気調査プランと料金を提示する探偵事務所を選びましょう。

事務所での面談を避けないか

あまりにも小さな探偵事務所、もしくは事務所がない、また調査員もまともな人数がいない、といった事が考えられます。

調査料金が異常に安くないか

あまりに安いと、調査対象者の車にGPSを仕込んだだけで、調査員を浮気調査現場へ配備しなかったり、ここぞというときに調査員が足りなかったり、といった事態になりかねません。
また、最初の料金は安くても、あとで車両台などの経費を請求されて割高になったり、調査費用とは別に高額の成功報酬を請求されたりするケースもあるので、注意が必要です。

調査料金の支払い時期

調査開始前から相場が分からない依頼者に対して、法外な前払いを要求したりすることがよく見受けられますが、調査力や調査内容に自信がある調査会社は『後払い』が可能ですので、完全に調査料金全額後払いの探偵事務所を選びましょう。

調査料金のからくり

探偵社サイト内に明記されたお得感満載の料金体系にはカラクリも潜んでいます。
もちろんすべてにおいて該当する訳ではありませんが、下記の例を参考にして充分注意のうえ納得いくまで話し合うことをおすすめします。

業界最安値2500円から

お問い合わせ段階では2500円と言いますが、実際に面談をして、契約段階になればお宅の調査は難しいので、調査員を2名増やさないとできないとか言って、契約段階において金額をあげてきます。

追加料金なし

たとえば17:00~24:00 調査時間7時間で幾らと明記しています。
7時間までの追加料金はありませんが、それ以上調査が長引けば追加料金が発生しますが、そのことを隠しての契約をします。
あくまでも浮気調査の証拠を取ることを目的としているのではなくて、調査時間に対しての、追加料金がないと言うことです。

パック料金

探偵社がそれぞれに、「10時間パック◯○円・15時間パック◯○円・20時間パック◯○円」といった形で、一律調査料金○○円などと提供しているものですが、
一件一目見てわかりやすく、時間料金型よりも1時間あたりの料金が安く設定されていて、非常にお得な料金体系と言えます。
ただし、「10時間パック」で浮気調査契約をしたけれど、結果的に6時間で証拠が撮れたとしても、10時間料金を支払わなくてはいけないことになります。
ほとんどの場合返金はありません。

ランキング・案内所

探偵業界の実情は非常に分かりづらい業界だと思います。
複数の探偵社の中から自分に合った探偵社を選ぶ基準として、口コミサイトやランキング・案内所等を参考にしたい気持ちもわかります。
しかしながら浮気調査においては、多くの依頼者は個人情報を伴う調査自体を秘密にしたいと思っています。
一番触れてほしくないプライベートな問題なので、わざわざ公開する事はありえません。
また浮気調査は人の動きを調査するものなので、2つと同じ調査はない為、比較自体ができません。
そもそも何社もの探偵会社に一斉に依頼する方は、特別な事情を除いて一般的にはないので、そういった情報など集めようがございません。
皮肉なことに探偵業界においては、悪い噂はあっても、いい噂などは広まることはありませんが、悪評もほとんどが本当のことではなくて、同業者の僻みからのかきこみがほとんどです

お問合せバナーお問合せフォームバナー