熱戦が続いた甲子園も幕を下ろしました

熱戦が続いた甲子園も幕を下ろしました

耳を突いていた蝉時雨もいつの間にか静かになり
代わって虫の音が新涼を告げています。

夏の終わりです。

寂しいようなほっとするような、そんなこの頃です。

いかがお過ごしでしたか?
楽しいお盆休みはとれたでしょうか。
さて、世間は毎日のように不倫報道に湧いています。
政界、芸能界…これでもかというほど次々と浮上してくる浮気問題、浮気疑惑。

その顛末にあるのは
家庭崩壊、社会的信用の損失。
地位も名誉も、仕事だって失いかねないのです。

そんな報道に襟を正すどころか
懲りもせずに何故人は浮気に走ってしまうのでしょうか。

「わかっちゃいるけど止められない」。
まさにこれなんでしょう。

浮気に伴うリスクはこれまでにも何度も書いてきました。
スリルと快楽~などと安易な考えで不倫を続けている人は必ずといっていいほど
思ってる以上の痛手を受けます。
365日、浮気と向き合っている私たちが断言します。

ホテルの同室に好意を持った大人の男女が一夜を共にして
「一線は超えていません」などとよくぞ言ったものです。

笑うしかありません。
そんなことが世間に通用すると思っていること自体が恥ずかしいと思ってしまいます。

まだ、認めて謝罪して、それなりの責任を取る態度の方がいくらか信頼できると思うのは私だけでしょうか。
覚悟が足りない!
言い逃れが見苦しい!

…書いているうちに、どんどん腹立たしくなってきました。
この辺でやめておきます。
毒舌が過ぎそうなので。

それにしても
懲りないな~。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)