信じられない事実と向き合わなければいけない時もあります

信じられない事実と向き合わなければいけない時もあります

梅雨入り宣言した翌日から
ずっと空梅雨でした…。
昨日、今日はやっと恵の雨が降って、雨嫌いの私もホッとしています。
乾涸びてしまう前で良かった〜!

ところで、
探偵業という仕事をしていると
「事実は小説より奇なり」という言葉をいつも肌で感じます。
まさか…という現実の「天こ盛り」です。

娘を連れて再婚した女性。
夫に浮気の陰を感じて調査を依頼してみれば
その浮気相手は自分の娘だったとか。

夫の浮気の相談を親しい友人に持ちかけていたら
その友人が夫の浮気相手だったとか。

まるで小説のよう、いや小説よりも現実の方が
サプライズの連続なのです。

もちろん泥沼です。
誰が悪いとか…そんなことではなく
それぞれが傷つき、心が折れてしまっています。

もつれた糸をほどき
一日も早く平穏な日々を取り戻すためには
合法的な解決が必要です。
できるだけ浅い傷で
スムーズに解決するために
戸惑いがあるかも知れませんが
私たちにご相談ください。

「もっと早く相談しておけばよかった」!

そう言っていただけるはずです。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)