「あ、もう潮時かな」男が不倫を止めようと思った瞬間3選

「あ、もう潮時かな」男が不倫を止めようと思った瞬間3選

不倫…「先のない恋愛」。
果たしてどんな時に終わりを感じるのでしょう。
「そろそろ潮時かな~」、不倫をしている既婚男性のそんな心模様を少し覗いてみたいと思います。

1)もともと、家庭を壊すつもりなどなく不倫をしてしまうことが殆どですから、
不倫相手が「奥さんと別れて結婚して」などと言い始めると、ふいに我に返り、別れの準備をし始めるようです。
不倫には不倫のルールがある、などと勝手な見解を述べる男性も多いとか。

2) 二人の肉体関係に「飽き」がやってきたときに、男性は別れを予感します。
悲しきかな男性の本音です。妻とは違った刺激を求めて不倫に走る場合が多く、いずれは慣れてしまい、「そろそろ潮時かな~」になってしまいます。
一方女性の方は精神的満足を求めて既婚男性と恋におちるので、ここでも男女のズレが生じ、トラブルになります。

3)不倫とは、倫理に反した恋愛です。だから、周囲にバレそうになったときに「別れを決意」します。いくらバレないように慎重に逢瀬を重ねていても、やはりバレてしまうのが不倫。そうそう、妻の勘(女の勘)は恐るべきものがあることを知っておいてください。そして、バレそうになったら「逃げる」のが男性だということも女性に知っておいて欲しいと思います。

たぶん、この先も無くなることはない「不倫」。代償の大きさも理解しているのにハマってしまう秘密の恋。
「ただ、好きになった人が結婚していただけのこと」と、不倫に走る女性は言います。
言葉にすれば、それだけのことかも知れませんが、ペナルティは想像以上に大きいものがあります。
できれば避けて通りたい人生の1ページです。

コメントをお待ちしております

*
*
* (公開されません)