真実を知ることが浮気問題解決の第一歩です。

真実を知ることが浮気問題解決の第一歩です。

パートナーの浮気を疑いはじめても、その事実を受け入れるのが怖くて、探偵事務所・興信所に浮気調査を依頼することをためらってしまう方がたくさんいらっしゃいます。
また、ご相談内容がプライベートな内容で恥ずかしい、探偵事務所・興信所がどういうところなのか分からず不安、という理由で二の足を踏んでしまう人も多くいらっしゃいます。

でも多くの方々は、「真実」を受け入れた瞬間から腹が据わるのか、悩むのをやめ、自分がどうすべきか考えはじめます。

浮気調査結果のご報告だけではなく、アフターフォローも重視

浮気調査結果のご報告だけではなく、アフターフォローも重視

浮気調査結果をご報告した際、浮気調査以前にも増してご依頼者さまが戸惑い、迷い、また新たな悲しみを抱え込まれてしまう姿を目の当たりにしました。
果たして調査結果のご報告だけが探偵社フォーチュン高知の仕事であり、使命なのだろうかという思いを強くしてまいりました。
浮気調査結果を手にして、次にどうその浮気問題を解決していけばよいのか。これこそがご依頼者さまの大きな問題であると気づいたのです。

「離婚」ではなく「原状復帰」が大多数。後悔しない選択のために

「離婚」ではなく「原状復帰」が大多数。後悔しない選択のために

探偵社フォーチュン高知では、我々の探偵・興信所業務を単に調査結果の報告だけでは終わらせません。
ご依頼者さまの調査に踏み切るまでの苦悩や浮気調査終了後の新たな局面と向かい合う不安。
全てをご依頼者さまと共に背負い、最終的にどのように浮気問題を解決すればよいかを共に考えることこそが探偵社フォーチュン高知の使命であると考えています。

予算に合わせた調査方法をご提示致します どさんこ交通後免線「宝永駅」降りてすぐ

浮気調査は探偵社と依頼者両者の協力によりおこないます。

浮気調査は実際に調査を進めていく中で、探偵社フォーチュン高知では探偵事務所と依頼者の間に信頼関係なくして、いい結果は生まれません。
浮気調査は探偵事務所の相談員との間で度重なる打ち合わせが必要となります。
まずは依頼者が、今持っている情報をもとに、浮気調査の計画を立てることからスタートします。
計画的な調査活動をスムーズに進めるためには、依頼者の事前情報が何より重要になってきます。
探偵社と依頼者の打ち合わせには次のようなことが重要になってくると思います。

1 浮気相手が特定 氏名・住所・仕事・対象者との関係など
2 浮気現場が特定 ラブホテル・浮気相手の自宅・車など
3 浮気日時の特定ができるか。

上記のこれらの事前情報が詳細であればあるほど、浮気調査のスピードは上がります。
しかし、これらの情報が一切ない場合でも大丈夫です。
探偵事務所相談員との打ち合わせにより、浮気調査の調査方法の計画を作ります。
そう言った場合には、対象者の行動調査からスタートして、浮気相手との密会現場を見っけ、その後対象者と別れたあとも、浮気相手の尾行をおこない、浮気相手の身辺調査へと変えていきます。
浮気調査は、特に探偵事務所と依頼者両者の協力により調査を進めていくものです。
できる限り対象者の行動や変化で、気が付いたことを詳細に伝えてください。

浮気相手の情報

探偵社フォーチュン高知は、依頼者から要望があれば、浮気相手の詳細な身辺調査もおこないます。
たとえば浮気相手の氏名・住所・職業・所有車などを調べます。
特に浮気相手の職業など、浮気相手の年収にかかわることは、慰謝料請求金額を検討する場合に重要な判断材料になります。
当然ながら年収が高ければ慰謝料請求も高いなりに貰える可能性が出てきます。

探偵社に依頼する浮気調査の時期とは?

探偵社フォーチュン高知に浮気調査を依頼する時期として、ベストな時期は対象者に浮気の兆候が見られ、対象者が依頼者に浮気を気付かれていないと思っている間です。
その期間は警戒心が少なくて、対象者の決定的な浮気の証拠がおさえやすい時期です。
かたや依頼者は、対象者の浮気が疑われる証拠があったとき、対象者を信じているので、追及して浮気への不安を除きたいという心理もわかりますが、浮気の兆候を感じた場合はなるべく早く相談をする事をお勧めします。
その理由は、対象者と浮気相手との交際期間が長くなればなるほど、情が湧いて、浮気が本気になり問題解決の大きな障害になるためです。
やり直す選択をするのであれば、なるべく早めに浮気の証拠を撮って浮気相手と別れさせなくてはなりません。
もう1つは、離婚を選択される場合ですが、こちらは対象者の浮気の期間が長ければ長いほど慰謝料請求額は有利になります。
なので、浮気の疑惑を感じた時から、早い段階で調査をして証拠をつかんでおくことで、より多くの慰謝料を得られる可能性が高くなります。

いずれにしろ、浮気調査を依頼する時期は、できるだけ早い方が依頼者にとっては有利になるという事が言えます。
1. 浮気調査のメリット
① 事実がわかる
浮気の疑いを感じたら、事実がわからないと精神的にかなりつらい事です。
常に疑って生活をしていれば、どうしても言葉や態度に出てしまいます。
浮気の事実を知る事で、すべてが変わってきます。
事実がわからなければどうする事もできませんが、事実を知ったことで、依頼者の気持ちがはっきりします。
対象者ともう一度やり直したいと思うか、離婚をしたいと思うかかも、浮気の事実を知ることで、おのずと答えが必ず出ます。

② 離婚要求を拒否できる
浮気の証拠があれば浮気をしている対象者からの離婚要求(有責配偶者)は認められません。
そのため、浮気をしている対象者に対し、有利な交渉が出来ます。
浮気をした対象者と離婚をしたいと思う方は、浮気の証拠を持つことにより、離婚が可能 になります。

③ 浮気相手に慰謝料請求できる
浮気の証拠を撮ることによって、慰謝料を請求ができます。
不法行為を行った相手方 に、精神的苦痛としての損害賠償請求する権利が出来ます。

④ 立場が逆転する
浮気調査終了後、直ぐに行動に移さなくても、将来の状況の変化のための切り札として持っておく事 もできます。
(慰謝料請求場合は不貞行為を知った時から3年で時効に なるので要注意)
また、浮気をしていた対象者や浮気相手に対して、強い立場に立てます。

⑤ 気持ち的に楽になる
・毎日の不安な気持ちから解放される
・疑心暗鬼な気持ちなくなり自信が出来る。
・対象者の嘘が証明され、依頼者の立場が逆転することにより、強い気持ちになれる。
・前向きな気持ちへと変わり、次へのステップに気持ちが向かう。

2.デメリット

① お金がかかる(調査料金)
何をするにもお金がかかって仕方ない事ですが、浮気調査を探偵に依頼するとなると」それなりに費用が掛かります。

② 浮気の事実を知るために、ショックを受ける
  対象者の浮気を、想像ではなくて写真など現実として受け止めることとなるので精神的なショックを受ける事があります。

浮気調査によって真実を知ることで、金銭だけでは表せられない程の価値が生まれます。
依頼者自身の人生を始め、子供の大切な将来を左右する事態にまで陥る場合があるわけですから、 なるべく早く証拠をつかみ(または事実を知る)ことで依頼者自身の次の手を打つことが重要になります。

浮気調査後の対処の仕方

浮気調査を終えてからは、根本的に浮気問題を解決するために、浮気相手に 慰謝料請求をおこなうということが探偵社フォーチュン高知では一番多い方法です。
探偵事務所だけではなく、引き続き弁護士にも慰謝料請求の依頼をするということです。
弁護士事務所では、探偵事務所が行うような浮気の証拠を集める事は出来ませんので、弁護士の役割としては、集められた浮気の証拠を基にして、法的に動いてもらうのが大きな役割となります。
なかにはご自分で手続きをおこなうといった方が、まれにいらっしゃいますが、こちら側の望むように、浮気相手と簡単に別れてくれれば問題ありませんが、中には容易には別れてくれないことも少なからずあります。
そこで法的に耐えうる書類の作成や、浮気相手との折衝を適宜おこなうことになりますので、ぜひ専門家である弁護士におまかせすることをおすすめします。
根本的に浮気問題解決を目指すならば、弁護士というのはかなり大きな存在です。
弁護士に依頼しなければ、探偵事務所に依頼して立派な浮気の証拠をそろえたとしても、高額な慰謝料や有利な離婚をすることは難しいかもしれません。
それでは浮気相手に慰謝料請求するとなったら、いったいいかほど請求するのでしょう。
裁判までもちこまないと想定して、当事者間の交渉やそのケースにもよって違いますが、3百万円前後を設定することが一般的となっています。
ただしこの請求金額には上限はありませんので、弁護士と相談しながら、浮気相手と話し合いによって決める事になります。
また浮気相手に慰謝料請求を行っていたものの、その後の交渉の過程で、対象者と別れて二度と会わないことを厳格な条件にしたうえで、慰謝料請求を取り下げるというケースもあります。
このような場合でも、『再び対象者と不貞行為をおこなうような事があった場合は、違約金を支払う』といった内容の契約を結ぶ対策を施すことが重要であるといえます。
フォーチュン高知は地元高知の弁護士紹介もいたします。

Page 2

お問合せバナーお問合せフォームバナー