初めての方へ

初めての方へ

イメージ1
誰しもが探偵事務所や興信所に依頼することは初めての経験で心細いもだと思います。
探偵なんてものは普段関わりのない存在ですので、どうやって探偵社を選ぶのか、その選び方はひとそれぞれで大変苦労する部分だと思います。
そこで依頼者の方に疑問点や不安点を少しでも取り除いていただくために、選考・判断基準とすべきポイントを掲載させていただきます。
ぜひ探偵社を選ぶ際の判断材料としてお役立ていただきたいと思います。
イメージ3

探偵社と事務所の有無

データ1
平成19年6月1日に施行された『探偵業法』により、探偵業は監督官庁に届出が義務付けされています。
それに伴い実体の無い探偵業者や、同法の基準を満たしていない探偵業者は営業が出来なくなりました。

フォーチュン高知では高知県公安委員会第83150003号届出証明書がそれにあたります。
探偵業の届出を出さずに現在営業している探偵社(興信所)はほとんど無いといえますが、原則住所さえあればどこでも探偵業の許可はとれます。
たとえば他県であっても、探偵業の届け出を出していれば、高知県内はもとよりどこでも探偵業を営業することができます。

探偵業は特定の既製品を販売するものではありません。
浮気調査はとくに依頼者様との度重なる打ち合わせが必要となります。
しいていうならすべて細かい部品までどうするか、相談しながら受注生産で組み立てていく製品みたいなものです。
また目にみえる販売商品であれば『お客様サポートサービス』の住所や連絡先は明確にされたうえで、その保証さえも確保されています。
一方で浮気調査の際、万が一のトラブルに連絡がとれなくなった、どこを訪ねていいかも分からないでは話になりません。
早急な対応が必要なとき、当該地域でなく、県外に事務所があるのではなかなか対応は難しいと思われます。
責任の所在を明確にすることはその会社の最低限のモラルといえるでしょう。
img05

ともあれ事務所を持たない探偵社が高知県内で営業していることも事実です。
そういった探偵業者に限って面談場所が高速道路のインター出口駐車場の車内だったり、はたまた道の駅駐車場だったり・・・ということなども耳にします。
もちろん、依頼者様の希望でファミレスや車中で打ち合わせする場合もありますが、少なくとも誠意ある探偵社は、お客様が安心して打ち合わせができる空間が確保できる事務所を構えていなければならないと思います。

こうした当たり前に思えることを、しっかりと行えているか、これからあなたが探偵社を選ぶための判断基準の一つにしていただきたいと思います。

調査後の料金支払い

フォーチュン高知では調査料金は後払いです。
探偵社(興信所)のほとんどが、調査前に全額を支払わなければ調査を開始しないところばかりですが、探偵社と依頼者のトラブルが起こる原因として第一に考えられることは、この前払いが要因として考えられます。

探偵社と依頼者のおもなトラブル

● 追加料金はないと言っていたのに追加料金の請求をされた
● 調査を失敗していたのに隠されていた。
● 打ち合わせと違った調査をしていた。
● 何もしていないのに、調査は終了したと言われた。
● 途中での解約を申し込んだら、高額の解約金を取られた。

img04
などケースはいろいろありますが、このような場合、既に先に料金を支払っているので、返金されることはなく、結局泣き寝入りとなります。
浮気調査が終了した後に支払う『後払い』であれば、それに越したことはありません。
というのも、依頼者側にとっては料金に関しては、何のリスクも無く調査が出来て安心だからです。
むしろ後払いになるリスクは探偵社側となり、いいかげんな調査や調査そのものを失敗すると料金がもらえないというプレッシャーにもなり調査自体の質が上がります。

調査料金のからくり

img02
探偵社サイト内に明記されたお得感満載の料金体系にはカラクリも潜んでいます。
もちろんすべてにおいて該当する訳ではありませんが、下記の例を参考にして充分注意のうえ納得いくまで話し合うことをおすすめします。

業界最安値2500円から

お問い合わせ段階では2500円と言いますが、実際に面談をして、契約段階になればお宅の調査は難しいので、調査員を2名増やさないとできないとか言って、契約段階において金額をあげてきます。
★これまでに担当者との連絡が取れにくくなった、調査の進行状況が不明などのクレームは一切ありません。

追加料金なし

たとえば17:00~24:00 調査時間7時間で幾らと明記しています。
7時間までの追加料金はありませんが、それ以上調査が長引けば追加料金が発生しますが、そのことを隠しての契約をします。
あくまでも浮気調査の証拠を取ることを目的としているのではなくて、調査時間に対しての、追加料金がないと言うことです。

パック料金

探偵社がそれぞれに、「10時間パック◯○円・15時間パック◯○円・20時間パック◯○円」といった形で、一律調査料金○○円などと提供しているものですが、
一件一目見てわかりやすく、時間料金型よりも1時間あたりの料金が安く設定されていて、非常にお得な料金体系と言えます。
ただし、「10時間パック」で浮気調査契約をしたけれど、結果的に6時間で証拠が撮れたとしても、10時間料金を支払わなくてはいけないことになります。
ほとんどの場合返金はありません。

ランキング・口コミ・案内所

探偵業界の実情は非常に分かりづらい業界だと思います。

複数の探偵社の中から自分に合った探偵社を選ぶ基準として、口コミサイトやランキング・案内所等を参考にしたい気持ちもわかります。
しかしながら浮気調査においては、多くの依頼者は個人情報を伴う調査自体を秘密にしたいと思っています。
一番触れてほしくないプライベートな問題なので、わざわざ公開する事はありえません。

また浮気調査は人の動きを調査するものなので、2つと同じ調査はない為、比較自体ができません。
そもそも何社もの探偵会社に一斉に依頼する方は、特別な事情を除いて一般的にはないので、そういった情報など集めようがございません。
皮肉なことに探偵業界においては、悪い噂はあっても、いい噂などは広まることはありませんが、悪評もほとんどが本当のことではなくて、同業者の僻みからのかきこみがほとんどです。

お問合せバナーお問合せフォームバナー